コラム|大阪狭山市大野台で歯科をお探しの方はやまもと歯科まで

診療時間 日・祝
9:00~12:00
14:00~19:00
※14:00~18:00
休診日:木曜、日曜、祝日
ご予約・お問合せはこちら
各種保険取扱
歯科医師・歯科衛生士募集中
  • 電話
  • メニュー

むし歯の痛みを我慢してはいけない理由

皆さんこんにちは。

やまもと歯科です。

 

学校や会社などで、毎日忙しい生活を送っていると、多少の不調は我慢してしまう人が大半かと思います。

 

例えば、頭痛や腹痛ですね。

 

これらの症状が一過性のものであれば、我慢しても大きな問題とはならないのですが、むし歯に関しては例外です。

 

なぜなら、痛みを我慢すればするほど、病態が悪化していく一方だからです。

 

痛みがある時点で重症化している?

私たちの歯の外側を覆っているのは、エナメル質です。

 

人体で最も硬い組織として有名ですが、酸に対しては弱い性質を持っています。

 

また、神経が分布していないので、むし歯で溶かされても痛みを感じることはありません

 

つまり、痛みが生じている時点で、むし歯は象牙質、あるいは歯の神経にまで達しているといえるのです。

 

むし歯は自然に治らない

風邪によって頭痛や腹痛が生じているのであれば、我慢することで自然に治ることもあります。

 

私たちの体には、風邪の菌やウイルスと戦う免疫システムが存在するからです。

 

実際、風邪の時に飲む薬というのは、発熱や頭痛を抑えるものであって、病気自体を根本的に治すものではありませんよね。

 

一方、歯に感染を起こしたむし歯菌は、免疫システムによって排除することは困難です。

 

放置すればするほど、重症化するのはそのためです。

 

痛みを感じる前に治療を受ける

むし歯というのは、痛みによって自覚することが多いですが、その前の段階でもいくつかの症状が現れます。

 

それは歯の表面に白濁が生じたり、エナメル質に小さな穴が開いたりするような症状です。

 

これらを自覚した時点で治療を受けると、失う歯質の量も少なくて済みます

 

初期のむし歯であれば、削らずにフッ素を塗布するだけで良い場合もあるのです。

 

まとめ

このように、むし歯で痛みを感じたら、とにかくすぐに当院までお越しください。

 

放置することで良くなることは一切ありません。

 

可能であれば、エナメル質の白濁や穴を自覚した時点で歯科を受診しましょう。

 

当院ではできるだけ歯を削らない、抜かないむし歯治療を実践しております。

 

やまもと歯科

医院名 やまもと歯科
院長 山本 英輝
住所 589-0023
大阪府大阪狭山市大野台4-3-4
電話番号 072-365-1188
URL
診療内容 虫歯治療、歯周病治療、予防歯科、小児歯科、矯正歯科、レーザー治療、口腔外科、インプラント、入れ歯(義歯)、審美歯科など
概要 大阪狭山市大野台の歯科医院【やまもと歯科】です。虫歯・歯周病治療、予防歯科、小児歯科、矯正歯科、レーザー治療、口腔外科、インプラント、入れ歯、審美歯科など幅広く診療しています。近畿大学医学部附属病院そば。土曜診療。駐車場完備しています。

最近の投稿

カテゴリ

  • カテゴリーなし